トイレの水漏れ・修理業者を呼ぶ前に

トイレで水漏れが発生しているのであれば、速やかに修理業者を呼ぶのが賢明でしょう。しかし被害や症状をこれ以上広げないようにするために、自分でできる応急処置がいくつかあります。その方法について詳しく紹介しましょう。

■とりあえず止水栓を止めること

水漏れが現在進行で続いているのであれば、とりあえず止水栓を閉めることが大切です。そうすればトイレに水が供給されなくなりますから、とりあえず水漏れを止めることが可能です。止水栓はタンクの給水管に取り付けられています。ただし止水栓を止めるにはマイナスドライバーが必要なので、準備しておきましょう。またウォシュレットなどを使っている場合には、電源を抜いておくことも大切です。水があると漏電や感電するリスクがあるためです。

■水漏れ個所がわかればタオルを充てること

もし水漏れ箇所がわかっているのであれば、その部分にタオルを巻きつけておきましょう。そうすれば、トイレの中が濡れるのを最小限に食い止められます。タオルだけで止めるのが難しければ、水漏れを起こしているところにバケツをセッティングしましょう。そうすれば、床の被害を食い止められます。



■まとめ
トイレ 水漏れの修理ですが、ナットを締めなおす、パッキンを交換する程度であればいいですが、それ以外だと修理業者に依頼するのが無難です。ただしすぐに駆け付けられない場合もありますので、上で紹介した止水栓を閉めるなどできることをやっておくことがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ