ペットボトルで節水、それが水漏れの原因で修理代がかかるかも

トイレのタンクの中にペットボトルを入れている家庭はいませんか。節水に効果的とよく言われますが、実はこのタンクの中にペットボトルを入れると水漏れや詰まりが起こりやすくなって修理業者を呼ぶことになり、修理料金が余計にかかってしまう結果になる危険があります。

■ペットボトルがチェーンに引っかかる

トイレを流す際にタンクのレバーをひねると水が流れます。これはレバーとタンク内部がチェーンでつながっているためです。もしこれがチェーンに引っかかってしまうと、水洗が機能しないことも起こりえます。また、ペットボトルは水に浮きますので、それは排水器具に接触して、動きを邪魔する可能性もあります。その結果必要以上に水が流れてしまって、水漏れの原因となる可能性もあります。

■汚物による詰まりの要因にも

トイレのタンクにペットボトルを入れることで水量を少なくでき、水道代の節約効果はあります。しかし1回当たりの流れる水量は汚物を排水管に運ぶためにあらかじめ計算されています。もしペットボトルを入れることで水量を減らすと、汚物をうまく流しだすことができなくなります。その結果、排水管の中に汚物がたまって詰まりを起こし、その結果悪臭や水漏れを引き起こす可能性も出てきます。

■まとめ
ペットボトルを入れて節水する方法は昔からよく言われていることです。しかしこのように返って水漏れや詰まりを引き起こして、修理業者を呼ぶ羽目になりかねないのであまりお勧めできません。トイレの交換が必要になるケースもありますので注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ