自分でできるトイレの水漏れ修理

自分でできるトイレの水漏れ修理 水漏れのトラブルの中でもトイレで起きる水漏れはなかなか面倒です。トイレは毎日何度も利用するはずです。修理のためにしばらく利用できなくなってしまったら、隣人に借りる、近くのお店や公民館などを利用するなどかなり不便です。トイレのトラブルの中では、自分で修理対応できるトラブルもあります。





■給水管からの水漏れ

給水管の接続部分からポタポタ水が垂れているのであれば、その部分にあるナットにゆるみが生じているかもしれません。これはトイレのトラブルの中でも比較的ポピュラーといわれています。ちなみにナットからの水漏れであれば、素人でも簡単に確認できるでしょう。対処方法もそれほど難しくはありません。要はナットを固くしっかりと締めなおせば、水漏れはなくなるでしょう。ナットをきつく締めるためには専用の工具が必要です。モンキーレンチと呼ばれる工具があるのですが、こちらはねじなどでナットの大きさに合わせて使用できます。このため、どのようなナットでも対処できるので使い勝手がいいです。モンキーレンチですが、ホームセンターなどでいろいろと販売されています。ですから近くのお店に行って購入すれば、すぐに水漏れなどの修理のための作業に取り掛かれます。

■パッキンが劣化している可能性も
先ほど紹介した接続部分のナットを締めなおしても、水漏れが給水管から止まらないこともあり得ます。この場合にはナットではなく、パッキンが劣化などのトラブルを抱えています。パッキンとは給水管の接続部分で使用されている商品で、水が漏れ出るのを防ぐためのパーツです。このパッキンですが、経年劣化してしまいます。劣化すると水の流れを止めきることができなくなり、水漏れが起きてしまいます。もしパッキンが経年劣化をおこして傷んでいる場合、今使っているものは寿命なので交換せざるを得ません。
パッキンもホームセンターで購入できます。ただしパッキンにもいくつか種類がありますので、自分のトイレにマッチするものを購入することが大切です。トイレの型番を調べて、適合するパッキンを見つけておきましょう。もし自分のパッキンがどの種類かわからなければ、取り出した傷んだパッキンを持っていくといいでしょう。ホームセンターの店員であれば、そのパッキンを見てどの種類を購入すべきかアドバイスをしてくれます。
パッキンの交換ですが、まずナットを先ほど紹介したモンキーレンチで緩めて外します。すると中に劣化したパッキンが出てきますのでこちらを取り出します。そして新たに購入したパッキンに付け替えましょう。最後にナットを再度モンキーレンチで締めなおせば完了です。こちらも自分で行うことは十分可能です。

■給水が止まらなくなる

トイレを流すと、通常ある程度水が流れて自然と止まるはずです。ところがトイレを水洗したところ、ずっと水の流れが止まらないという症状があります。これはタンク内の部品のいずれかに問題があるためです。具体的にはボールタップ・ゴムフロート・オーバーフロー管です。ボールタップに問題がある場合、パッキンの傷みの可能性が高いですからパッキンを新しいものと交換しましょう。ゴムフロートやオーバーフロー管に問題のある場合には、そのもの自体が劣化・破損している可能性が高いですこちらも新品に交換すれば、問題解決できるでしょう。

■まとめ
このようなトイレのトラブルであれば、素人でも修理することは可能です。しかし無理に自分で行おうとすると、かえって症状を悪化させたり、別の問題が発生したりというリスクも起こりえます。もし心配であれば、無理せずに修理業者にお願いしましょう。24時間・365日対応している業者も多いので、いつでも速やかに現場急行して修理してくれるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース